1. TOP
  2. コラム
  3. 使いやすさ?それとも費用?ウォーターサーバーを比較するときのチェック項目はこれ!
「ウォーターサーバー」
に関連するツイート
Twitter

タイタス『(´・ω・`)』 フーマ『旦那、落ち込むなって!それだけ鍛え抜かれた肉体って事だろ?な?な?』 タイガ『水なんて買って飲むんだ…凄いな』 フーマ『は?おまえも水買って飲むセレブじゃねーのかよ?』 タイガ『ウォーターサーバー使ってたから』 フーマ『もうワンランク上のセレブかよ!』

返信先:@miyanico_9012 おお!ウォーターサーバーあると便利ですよねー!

兄の職場のウォーターサーバーの水めちゃくちゃ美味くて面会の家族も職員もかなり重宝してるらしいんだけどあまりに美味いから出社即爆飲みする職員のこと「かけつけ三杯」って呼んでるって話しぬほど笑ってしまった

返信先:@CLAMlorilori他1人 女性専用車両増やして、ウォーターサーバーやら無料コスメ置けとか言ってるやつか

上海2食目は豫園の南翔饅頭店で鮮肉小籠 20元、12個入りで約295円。 ウォーターサーバーみたいなやつから、豪快に黒醋をかけていただく!日本にも店舗あるけど! イートインとテイクアウトで違う小籠包らしい。 一緒に買った蜜桃冰烏龙は16元?ミネラルウォーター継ぎ足せば飲めそうw #上海遠征 pic.twitter.com/SQpvgKUE13

ウォーターサーバー契約した

だってウォーターサーバーの水飲んだらアマゾンになっちゃうし

Twitterかまあげうどん(レモン味)@kamaage_310

返信 リツイート 20分前

とうとう我が家にウォーターサーバーがきた...! pic.twitter.com/jhKd6AxScw

Twitterミヤタ@ポケイラ練習中@miyanico_9012

返信 リツイート 21分前

NHK ウォーターサーバー 振り込み

ウォーターサーバー確かにいいなぁ

カテゴリー:

使いやすさ?それとも費用?ウォーターサーバーを比較するときのチェック項目はこれ!

ウォーターサーバーを選ぶとき、便利さと使いやすさはもちろんですが、提供される水が安全性の高い高品質のものかどうか、そして飲んで美味しい水かどうかはとても重要なポイントになります。

美味しくて安全性の高い水を選ぶ

日本の水道水は世界に類を見ない高い水準の安全性を誇るものですが、安全な水ではあっても美味しいと感じる味わいとは程遠いとも言われています。そして残留塩素などの薬品が体に与える影響も心配されるため、かつてはペットボトルの水を購入していたという人も少なくありませんでした。

ウォーターサーバーの出現によって、いつでも手軽に安全で美味しい水が飲めるようになったことはとても喜ばしい事です。日本人は硬度の低い軟水を美味しいと感じる傾向が強いようですが、美味しい水の重要な要素は含まれるミネラル成分と硬度です。ウォーターサーバーを比較するとき、自分が美味しいと感じる水であることと同時に、厳しい衛生管理のもとに採水された安全性の高い水を選ぶことはとても重要です。

また、味が美味しいことに加え、例えば健康志向の強い人やダイエット目的の人にはミネラル成分が豊富な硬水の方が向いているなど、自分の目的に合わせて比較するのもおすすめです。

料金システムをよく理解して選ぶ

ウォーターサーバーを比較する時、毎日使うものなので使い易さはもちろん大切ですが、同時に実質的な費用も気になるポイントです。サーバーのレンタル料金は無料の所が多いようですが、その場合毎月のボトル代金が費用として発生します。

その他にかかる費用としてはサーバーのメンテナンスにかかる費用があげられます。メンテナンスは1年から3年ごとに専門のスタッフが訪問して部品の洗浄や交換、点検などを行いますが、会社によってはサービス料が有料の所と無料の所があります。その他にはメンテナンス自体が不要のサーバーを使用しているケースもあります。メンテナンス費用が掛かっても安全に使える方が安心という考えも1つだと思います。

そしてもう一点費用にかかってくるものがサーバーの電気代です。常に冷水と温水とを貯蔵しておくためにはそれなりの電気代金がかかります。比較する際には一か月当たりどれくらいの電気料金になるかも合わせてチェックしておくとよいでしょう。

そして、ボトル代はどれだけ使っても一本当たりの料金は一緒なのか、たくさん使うほど単価は安くなるのかなど、そのメーカーの料金システムをきちんと把握して、自分がどの程度水を使う事になるのかを予想して選ぶ必要があります。

ワンウェイ方式かリターナブル方式かの違いで選ぶ

ウォーターサーバーにセットするボトルは大きく分けて使いきりのワンウェイタイプボトルと、次回の配達の時に回収するリターナブルタイプボトルの2種類があります。

ウォーターサーバーがこれほど一般家庭に普及する以前は、スポーツジムなどで見かけた大きなボトルをサーバーの上部にセッティングしてあるタイプが中心で、これがいわゆるリターナブルタイプです。それに対して使いきりのワンウェイタイプボトルは使い終わったら小さく折り畳んで捨てられるので、空になったボトルを保管する必要もなく便利な点が人気です。

また、ワンウェイタイプの方は水を使ってもボトル内に空気が入り込まない仕組みなので水の品質低下を招く心配が低いとも言われています。もちろんウォーターサーバーは衛生管理がしっかりとしたものを選べばそれほど気にしすぎる必要もないのですが、リターナブルボトルの場合は水のセットが女性でも楽にできるように、ウォーターサーバーの下の部分にセットできるようになったものもあり、使い易さの点でも人気があるようです。

そしてボトルの方式の違いに合わせてウォーターサーバー本体のデザイン性を重要視するという人も多いようです。使いやすさも抜群でリビングに置いても違和感のないデザインなど、魅力的な製品が多数あります。