1. TOP
  2. コラム
  3. どちらがいいの?ウォーターサーバーと浄水器の違いを比較
「ウォーターサーバー」
に関連するツイート
Twitter

安全安心のウォーターサーバー、話題のコスモウォーター設置!200・201の2部屋以外はすべてのお部屋に設置しています。

タイタス『(´・ω・`)』 フーマ『旦那、落ち込むなって!それだけ鍛え抜かれた肉体って事だろ?な?な?』 タイガ『水なんて買って飲むんだ…凄いな』 フーマ『は?おまえも水買って飲むセレブじゃねーのかよ?』 タイガ『ウォーターサーバー使ってたから』 フーマ『もうワンランク上のセレブかよ!』

返信先:@miyanico_9012 おお!ウォーターサーバーあると便利ですよねー!

兄の職場のウォーターサーバーの水めちゃくちゃ美味くて面会の家族も職員もかなり重宝してるらしいんだけどあまりに美味いから出社即爆飲みする職員のこと「かけつけ三杯」って呼んでるって話しぬほど笑ってしまった

返信先:@CLAMlorilori他1人 女性専用車両増やして、ウォーターサーバーやら無料コスメ置けとか言ってるやつか

上海2食目は豫園の南翔饅頭店で鮮肉小籠 20元、12個入りで約295円。 ウォーターサーバーみたいなやつから、豪快に黒醋をかけていただく!日本にも店舗あるけど! イートインとテイクアウトで違う小籠包らしい。 一緒に買った蜜桃冰烏龙は16元?ミネラルウォーター継ぎ足せば飲めそうw #上海遠征 pic.twitter.com/SQpvgKUE13

ウォーターサーバー契約した

だってウォーターサーバーの水飲んだらアマゾンになっちゃうし

Twitterかまあげうどん(レモン味)@kamaage_310

返信 リツイート 24分前

とうとう我が家にウォーターサーバーがきた...! pic.twitter.com/jhKd6AxScw

Twitterミヤタ@ポケイラ練習中@miyanico_9012

返信 リツイート 24分前

NHK ウォーターサーバー 振り込み

カテゴリー:

どちらがいいの?ウォーターサーバーと浄水器の違いを比較

水器と比較する一口に言っても様々で、一概にウォーターサーバーと比較できませんが、一般的に言って水そのものは水道水を使うので、単価は安くなるので多くの水をたっぷりと利用することが出来ます。

その反面、水の品質は元も水道水の品質によって違ってきますので決して一律の物ではありません。

安定した高品質な水という事ならウォーターサーバーでしょうか。

水が備蓄されているのがウォーターサーバー

浄水器の良いところに、水道の水が出る限りいくらでも水が使えるという点があります。

実際には、水をろ過する時間や能力に限度がありますので、いくらでもというわけにはいきませんが、たっぷりと水を使えるのは間違いありません。

しかし、それには水道水が出るという前提が必要です。

当たり前すぎて普段は考えもしない事ですが、最近はそうとも言えない状況が身近になってきています。

それは断水の可能性です。

今の日本の上水道はおそらく世界水準の高品質で、水質が良いだけでなく安定した供給力があり断水をする事はほとんどないと言えます。

しかし、地震や台風などの大災害の時には断水の可能性があり、そういう時にウォーターサーバーの水がそのまま備蓄となるのです。

通常の利用ならウォーターサーバーには2週間から1カ月程度の飲み水が予備のペットボトルも含めてあるのではないでしょうか。

停電してもそのことで品質が低下することもありませんし、温水や冷水にする機能は停電で停止しますが水を出す機能は問題なく使用することが可能です。

いつも使っているものがそのまま非常用の備蓄になるというのは理想的な無駄のない備蓄と言えるでしょう。

本当に高品質な水ならウォーターサーバー

浄水器の水は濾す前の状態により同じものではありません。

つまり同じ浄水器を使っていてもすべての人が同じように安全で美味しい水を飲めると限らないわけです。

元々の水のコンディションが違えば浄水後の水も違うものになってしまいます。

通常の浄水器では硬水を軟水に替えたりは出来ませんし、逆にミネラル分を付加したりすることも難しいです。

しかしウォーターサーバーなら常に一定の高品質なミネラルウォーターを安定して飲むことが出来るのです。

特に高品質な水も価格は高くなりますが選ぶことが出来ますし、本当に高品質な水は飲み水や料理用の水などで、必ずしも多くを必要とはしません。

そう考えると浄水器で大量の水を浄水する必要はないでしょう。

時に現在の高品質な水道水は元々安全性が高く美味しい水という基準以外はほぼ問題がない状態となっているので、ほとんどの人にとっては大量には必要ないはずです。

浄水器と比較して大量の水を使った時に割高であるというのはほとんどの人にとっては飲み水や料理用にしか使わないので意味がありません。

ランニングコストも実は安いウォーターサーバー

全ての水をろ過して使えるほどの浄水器はやはり非常に高価です。

初期投資だけでなく、ランニングコストも相応にかかります。それに比べてウォーターサーバーは基本的に購入するミネラルウォーターの値段だけなのでそれ程使わなければ決して高いものではありません。

そう考えると家でどのくらいの水を必要としているかが重要になってくるわけです。

家族の人数が多いようなら、浄水器で多くの水を利用できるようにした方がお得になるかもしれませんが、実際にはそういう人はそれほど多くないのではないでしょうか。

私たちの生活はすっかり少人数でのものになってしまい、単身から2-3人の家庭が多いのではないでしょうか。

また飲料や食事もすべてを家庭で作っているという事はほとんどなくなって、調理済みの物や外食も多く、すべての調理を家庭内で行う事は比較的少なくなってきていませんか。

私たちの生活に必要な飲料水はごく普通に生活している人なら少なくなってきていあることからも、少ないからこそ高品質な水のウォーターサーバーが魅力的なのです。