1. TOP
  2. コラム
  3. 比較して検討しよう!ウォーターサーバーの衛生面
「ウォーターサーバー」
に関連するツイート
Twitter

ウォーターサーバーが来たのですがP丸様と同じ事態を巻き起こしてしまったしテープ切るのにカミソリ使ってたら刃が吹き飛んで踏むかもしれない恐怖に怯えている。 pic.twitter.com/ndtAkIp7Pm

やっと休憩入れてカップスープでも飲むかということでウォーターサーバーのお湯を拝借したつもりが並々冷水注いじゃってて月曜から疲れ感がすごい

女性専用車両? そんな始まりは痴漢防止でしょ なのに勝手に色んな要望やらさウォーターサーバーやらやら だったら自分で作れば? マジで 氏 ん ど け 痴漢されたくなかったら公共機関を使うな

Twitter東武鉄道沿線民@あな番はいいぞ~!@TOBUTETUDOU3rd

返信 リツイート 2分前

#ジャパネットたかた#ウォーターサーバー#富士山#バナジウム水 だし、卓上タイプはコンパクトでいいなと思ったけど、サーバーが #韓国製 と知り、一瞬で検討から外れた。 しかもサイトに韓国製って書いてない。@JAPANET_media

Twitter🇯🇵りんご🍎 台灣甘巴爹🇹🇼@RsJ0Ho38Ac8lSrp

返信 リツイート 10分前

RT @aquaclara_info: \アクアカフェin札幌 限定open/ 8/24・25に札幌駅西口コンコースに登場‼️✨つめたーい #アクアクララ の炭酸水🥤や、#ネスカフェ の本格コーヒー☕️が無料で飲めちゃう😍‼️さらに、アクアクララの人気 #ウォーターサーバー を…

TwitterアクアクララWebコンタクトセンター@aquaclara_cc

返信 リツイート 13分前

ついにボトルが下段に収納出来るウォーターサーバー買っちゃったー! 仕事速攻終わらせて宅配間に合ってよかた!!! 夜まで時間あるしサイハンしまーす! pic.twitter.com/Pk1I6nLgsp

RT @BikkuriMoon: もしもニビジムにウォーターサーバーが導入されたら pic.twitter.com/icPsxpHHKI

元記事を見ての感想。 最初に提案した女性や追加で意見を言った女性達は、受益者負担と言う言葉を知らないの? 化粧用に鏡とかコスメサンプルとかウォーターサーバーなんて公共性が高いの? 男性の駆け込み防止のガードマン? 人件費は誰が負担するの? 女性専用車両が少ないと言うのは、 文字数

Twitterふうさん@仕事楽過ぎて太った@fuu0305

返信 リツイート 16分前

赤ちゃんが産まれたらウォーターサーバーを置こうと思ってる! 家の水道水のカルキが強すぎてとてもじゃないけど飲ませられないから‥

返信先:@CpYoMXLnSo アマゾンが(ウォーター)サーバーから感染…?

Twitter現実こそがア-マ➖ド・コアの新作そのもの@thousand_r_n

返信 リツイート 21分前

カテゴリー:

比較して検討しよう!ウォーターサーバーの衛生面

水道水よりもおいしくて飲みやすい水がいつでも好きなだけ飲めるのがウォーターサーバーの魅力です。

小さなお子さんがいるようなご家庭では、どのウォーターサーバーを選べば良いか比較する時に特に気になるのが衛生面ではないでしょうか。

より安全で安心して飲めるウォーターサーバーを比較する時にチェックしたいポイントをご紹介します。

水は安全性が高くてもウォーターサーバー本体の衛生面は大丈夫?

サーバー本体の衛生面を考えると、ウォーターサーバーの水がピュアでおいしく、残留塩素などの心配がなく安心して飲めるとしても、その水を提供するウォーターサーバー本体の衛生面というのは意外と見落としがちなポイントなのかもしれません。

水道水とは異なり塩素消毒などが行われない天然水は、その分衛生管理が行き届かなければ雑菌が繁殖しやすい状態であるとも考えられます。

そこでどのウォーターサーバーを選ぶかを比較する時に衛生面での工夫もしっかりとチェックすることが求められます。

サーバーを選ぶときにはどうしても水のおいしさや安全性、価格がどれくらいかかるかなどの条件ばかりに目が行ってしまいがちですが、小さなお子さんのいる家庭ではウォーターサーバーの水やお湯をそのままミルクを作るのに使用することも多いはずなので、抵抗力の低いお子さんに与える水の衛生面での条件はとても重要です。

もちろん使用環境などによっても異なる事は考えられますが、まずは比較する際に衛生状態を保つためにどのような工夫が施されているかをチェックすることが大切です。

水の使用後になるべく空気と水がふれないような工夫

ウォーターサーバーの水は大きく分けて使い捨ての容器を使用するワンウェイ方式と、使用済みの空容器を回収して再利用するリターナブル方式の2種類があります。

ウォーターサーバーとして普及し始めたころは、大きな1ガロンボトルをサーバーに逆さまにしてセットするリターナブルタイプのサーバーが中心でした。

このタイプは水を使用すると使用した分のエアがボトル内に入る構造になっていて、ボトルの中に入った空気内の雑菌の影響が心配されていました。

その為現在では雑菌の繁殖を防ぐために空気が入る際に無菌化するフィルターの付いたウォーターサーバーが普及しています。

これによって外のエアがボトルの中に入っても雑菌の侵入を抑える事が出来るようになりました。

さらにできるだけ外気と水が接触しないような構造になったサーバーも出現しており、衛生面で雑菌の繁殖をしっかりと予防するように考えられているので、サーバー内はいつも清潔な水の状態を保てるところが大きな魅力です。

また、ワンウェイ方式の場合、もともと使用後に内部に空気が入らないようになっています。

定期メンテナンスを受ける事のメリット

ウォーターサーバーを比較する時、業者によっては定期的なメンテナンスが含まれているものがあり、本体を専門の工場などに送って分解して丁寧に洗浄と点検などが行われます。

定期的なお手入れにかかる費用は毎月支払うサーバーレンタル料の中に含まれている場合と、そのための費用が別途発生する場合とがあります。

衛生的にいつも安心した状態で水を使用するためには定期的な洗浄などの作業はとても大切です。

サーバーによってはメンテナンスが不要という製品もあるようですが、その場合でも日頃から自分自身でお手入れを実施することを推奨されています。

例えば、ボトル交換の際にボトルの差し込み部分を掃除し、水が出てくるコック部分はいつも外部と接しているのでアルコールで普段からふき取るなどがこれにあたります。

清潔で安心して飲める水の状態を保つためにも、本来は定期的にメンテナンスを受ける事はとても大切です。

ウォーターサーバーの利用を検討しているならそのための費用がどの程度かかるのかどのようなお手入れをどれくらいの頻度で行ってもらえるのかなども、事前に確認しておくのがおすすめです。